テストロッド

          12’ロッドと5’6”ロッド

テストロッド



 バンブーロッドは長さがアクションに大きな影響を及ぼすことは以前にも紹介しましたが、シーズンオフの工房では現在様々なロッドのリメイクをして長さがアクションに与える影響のテストをしています。長さ=重量なので、軽量にすればロングロッドでも影響を軽減できることになりますので、ジュラルミンフェルールとフェザーブランクを使用することにより、バンブーでも軽快なロングロッド(9’前後)が製作可能になりました。
 しかしながら、画像の12’のツーハンドになると、軽量化だけではどうにもならずテーパーデザインそのものを変えなければ希望のアクションにはならないようです。シングルハンドと同じテーパーでファストアクションを狙ったのですが、ミッドセクションがヘナヘナでダメでした。トップとミッドだけだと8’#8の軽快なシングルハンドロッドになるのですが、バットをつけて12’にすると使えない中途半端なアクションになりました。現在はトップとミッドの新テーパーのデザインで製作中です。
 画像下の細いロッドが5’6”のショートロッド(トンキン)です。グリップ上の対面幅(太さ)は5.5mmで上の12’のツーハンドロッドの半分の太さです。ショートロッドになると、逆に柔らかいアクションが出しづらくなります。画像のロッドも設計は#3ですが、#4ラインを乗せたほうが、ループが安定して振り易くなります。トンキンは張りが強いので、ショートのライトラインロッドは真竹のほうが向いていると思います。7’未満であれば真竹とか孟宗竹ロッドの方が、ラインの乗り易さと釣り心地の点で優れていると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR