真竹ロッドファン増加中

                   真竹ロッドについて
真竹ファン増加中

 真竹を使用したロッドを昨シーズンからテストしていましたが、漸くテーパーデザインも落ち着き製品としての提供数も増えてきました。ユーザーさんからのコメントは一様に「釣り心地が楽しい」です。トンキンでも柔らかくは出来ますが、柔らかさの質が違う独特のベンディングカーブは真似の出来ない真竹だけの特性だと思います。他にも軽いという特徴があり、これは疲労度に大きく関係します。1日釣りをしたときの疲労感が全く違います。Shirakami Rodは中空なので他のバンブーロッドに比べ相当軽量なのですが、それでも真竹ロッドを使うとトンキンロッドに戻れなくなる感じがします。
 画像のロッドは、グリップの形状を伝統的なシガーから、手のひらの疲労感が少ない形状に変更したモデルです。グリップの形状については伝統的なスタイルもいいのですが、実用性を考慮すると他の形状が良いと考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR