バンブーロッド雑感

短いバンブーロッド
短いバンブーロッド
 前回は長いバンブーロッドの難しさを書きましたので、今回は対極にある短いロッドの難しさについて書きたいと思います。長いロッドはスローになりますが、逆に短いロッド(6フィート6インチ以下)はスローにするのが難しくなります。単純に負荷加重を少なく計算し全体を弱く(細く)すればいいのですが、そうすると大物を止める絶対的パワーが不足して非常にスリリングなロッドになってしまいます。40cm以上のニジマスも相手にするショートロッドのテーパーを現在探求中です。スローなアクションにこだわるのはショートレンジでラインをロッドに乗せ易いからで、ラインを常にある程度出す釣りではファストアクションのロッドでも問題はありません。ブッシュのかぶった小渓流に潜む大物をゲットするためのロッド、つまり「ブッシュマスター」を目指しているのです。
 画像のロッドは6フィート4インチの#3で、ポールヤングの有名なミッジのテーパーをモディファイして試作しました。テーパーの数値からは相当スローになるはずなのですが、実際はパリッとした印象になりました。ラインを出していくとスローなのがわかりますが、ショートでは軽快な印象が強く出ます。このロッドもデータ取りの私用ロッドの棚に追加になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR