遊べるショートロッド

        MP642-ⅡとPY642-Ⅱ
ショートロッド 2種類

  今シーズン最も使用頻度の高かったロッドは、「MP642-Ⅱ #2」でした。それまでは同じMPで#3の使用が多かったのですが、オイカワロッドの製作を機に極軟ロッドの可能性と楽しさを発見し、同じテーパーで#2仕様にしたところ、これがビンゴでした。ヒットする魚のサイズは変わらないのですが、やり取りの楽しさが倍増しました。同じ理由でPYテーパーの#2モデルも製作しました。
  MPとPYの違いはプログレッシブとパラボリックの違いです。PY(ポールヤング)はバットが曲がるのでより柔らかく感じます。フライロッドにはキャスティング能力が常に求められますので、柔らかいだけでは使い辛くなりPYテーパーはこの#2が限界だろうと思います。MP(マタケプログレッシブ)の方はバットパワーがありますので、もう少し柔らかく出来ると思います。
  このMP642はバリバスのフラットバット15フィートリーダーを使用すればトータル17~18フィートのリーダーだけでもキャスティングが出来ます。15ヤードのキャスティングも普通に出来ますので、ホームグランドの白神山系の渓流ではこれ1本で間に合ってしまいます。テストも兼ねて今シーズン1000匹以上釣りましたが、魚と遊ぶには最適なロッドです。
  PY642は8Xティペットを使用したヤマメ釣りに使用しました。全体的に曲がりますので、ヒット後のやり取りはよりスリリングになります。28cmクラスなら綱引き状態でも取れましたので、ヤマメ釣りには良いと思います。イワナは岩の下に突進しますので、30cm以上は止めるのに苦労すると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR