オイカワ用ロッド

    オイカワ用ロッド PZ722 #2 真竹
オイカワ用ロッド

  オイカワをフライの対象魚として楽しむ人が増えているらしく、工房にも多数のお問い合わせをいただいています。オイカワを実際に釣った経験はありませんが、子供の頃、川遊びにおける手づかみの対象魚としてはたくさん取った経験があります。ちなみに手づかみの難易度としては、オイカワは初級で上級はアユでした。大きさは10cm前後なので、これをバンブーロッドで引きを楽しむとなると相当に繊細に作らないと無理だということは想像できます。延べ竿ならばキャスティングがないので、極限まで細く繊細に出来ますが、フライの場合はキャスティングも出来ないといけないので、限界があります。
  結論は、今までの試作からトップの対面幅は1.5mm台で、長さを7’2”にして少ない力でも曲がるようにしました。キャスティングもバットを曲げるようにすれば、15ヤードは軽くクリヤーできます。ビルダーの立場からすると低番手のロッドは製作が難しいです。トップは繊細すぎて、削りに神経を使いますし、僅かの誤差がアクションに大きく影響することになるからです。
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

調子いいですよ。

三上さん、こんにちは。
早速PZ722どんどん使ってます。
17、8cmのカワムツくらいだとかなりスリリングなファイトしますね。このロッドでもとても面白いです。
オイカワ今大きいのがかかってなくて、12cmくらいまでです。時期によってはオイカワも20cmくらいのいるので、このロッドで十分楽しめると思います。良い竿作っていただいてありがとうございます。
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR