FC2ブログ

折損修理

         折損バットの修理
ロッド修理

  工房では折損したロッドの修理も行っています。他者のビルダーのロッドも依頼されることがありますが、出来る限り要望にお答えしています。Shirakami Rodの修理は、トップ¥5,000 バット¥10,000でブランクの再製作を行っています(他者のロッドは、トップ¥20,000 バット¥30,000)。修理で返ってくるロッドは、色々とデータが含まれていますので、次回からのロッド製作に役立っています。
  画像のロッドはバット部分がグリップの少し上で折損したロッド2本です。両方とも真竹で火入れがやや強すぎたのかもしれません。この修理方法は「スリーブ補修」でグリップのコルクがもったいないのでこの方法を採用しました。ブランクから作り直す方法が最善ですが、リールシートとグリップは再利用が出来ませんので、早く安く仕上げるにはこの方法がベストです。折損した部分に芯を入れて接着し、その部分をジュラルミンのパイプ(スリーブ)で覆うという方法です。バット部分なのでアクションに与える影響は少なく、見た目も補修跡には見えないので良い方法だと思っています。
スポンサーサイト

ダブルハンドロッド

         12フィート、11フィート、10フィートダブルハンド
ダブルハンドロッド

  オフシーズンになるとダブルハンドが振りたくなり、あれこれ試作のロッドが増えています。工房にある工具では対面幅12mm以上のロッドは製作できませんので12フィート#8が現在の最長のロッドになります。バンブーでダブルハンドというのはある意味物好きのすることで、単純に性能を求めるとカーボンロッドの方が優れていると思います。バンブーは長くなればなるほど自重で自分の性能を食ってしまいますので、何とか使用できると感じるのは10フィートまでで、この長さだとスイッチロッドとして、シングルハンドでも振れるし、バンブーの良い点も発揮されると思います。
  実釣でダブルハンドを使用することはまずありませんので、単純に色々な投げ方(スペイ各種)をマスターするための練習に使用しています。唯一、十和田湖の60cmサクラマスを6Xでとったのは10フィートの#3ロッドでバーブレスフックでばれることもティペットを切られることもなくバンブーの良さが発揮されたと思っています。
  ちなみに12フィート#8 ロッドは294gあり、バンブーとしては軽量ですが、カーボンのような軽量化は困難です。キャスティングもカーボンロッドと比べると難しく、今のところ使いこなした時の自己満足だけのロッドになっています。将来、源流を釣り歩く体力がなくなり、本流や止水でノンビリとした釣りスタイルになった時のためのデータ収集といったところです。
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR