ライトラインロッド #2

         PZ782L #2 4P
ライトラインロッド

  ロッドのアクションは本人がよく使用するフィールド(釣り場)の状況に大きく影響されると思いますが、ロッドの番手を落として柔らかいロッドを使用すると同じフィールド、ターゲットでもまた違った楽しさが生まれます。昨シーズンはMP642 #2をメインで使用しましたが、MP643 #3と比較しても不便さは感じないし、面白さは倍増でライトラインロッドの可能性を感じました。
 工房の初期からのモデルに「SS742L #2」という人気のモデルがあるのですが、それよりも柔らかいPZ782Lを試作しました。SSテーパーとPZテーパーの違いが有るので感じは違いますが、ライトラインの楽しさは同じです。材質はトンキンなので真竹よりも強さはあります。
 谷地田ニンフシステムを使用した釣りには柔らかいユッタリとしたアクションのロッドが最適で#3よりも#2のほうがトラブルが少なく使いやすいです。画像のロッドで岩手の解禁時に32cmヤマメをキャッチできました。
  
スポンサーサイト
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR