リールシート

         ストラブルとペゾン リールシート
ストラブル リールシート

  画像はペゾン風のリールシートとストラブル ニッケルシルバーアップロックのリールシートですが、どちらも工房でコピー製作したものです。ストラブルのリールシートは昔セージのロッドに採用されていて、憧れの存在でした。当時はこれを自作できるとは思ってもいませんでしたが、今では旋盤とフライス盤がありますので手間はかかりますが、作ることが出来ます。
  この2つのリールシートを見てどちらが好みかと問われれば、昔だったらストラブルのアップロックと答えたことでしょう。見栄えガいいのはニッケルシルバーのウッドスペーサーです。現在は見栄えよりも道具としてのロッド性能に魅力を感じていますので、ペゾン風アルミのコルクスペーサーのほうです。一番の違いは重量です。ストラブルは#4の7’6”以上のロッドでないと重量バランスが手元に来過ぎて使い辛くなります。クラシカルリールを使用すると更に手元が重くなります。コルクシートは昔は安っぽく見えて嫌いでしたが、軽量でリールがしっかり固定されますのでベストの素材だと思います(材料費としてはウッドよりもコルクのほうが高い)。また、コルクのほうがリールの根本まで握り易くなりますのでロッドの長さを有効に活用できます。
スポンサーサイト
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR