グリップ

          コルクリールシート
グリップ

  コルクのリールシートに対する印象は、廉価版シリーズ用というイメージがあり、最初の頃は好みではありませんでした。確かに大手メーカーの正規版はウッドのリールシートで廉価版はコルクのシートが多かった気がします。しかし、フライフィシングの経験も長くなり、キャスティングにも気を使うようになると、グリップ形状はリッツ、シートはコルクが機能的に優れているように思います。
  コルクのダウンロックにすると、ロッド長を有効に使用できるし、握り具合も良くなります。画像のように小指一本をリールシート側にずらしてサムオントップの握りでキャスティングするのが最も容易にロッドを曲げることが出来る気がします。キャスティングはいかにロッドを曲げるかがポイントになりますので、ロッドを固定し易いサムオントップが有利です。
  あまりラインを出さない時には、どのようなグリップ形状でも握りでも大差はないと思いますが、ナローループで距離を出したい時にはグリップ形状とか握りとかに考慮することも必要かと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR