万人受けするアクション

       SS742L #2
万人受けするアクション

 フライフィッシングにおいて、ロッドアクションの好みは十人十色なのでぴったりとマッチするアクションのロッドにはなかなか出会えません。メーカーのカーボンロッドでは長さもアクションも限定されますので、好みのアクションに出会うことは容易ではありません。この点バンブーロッドは、比較的簡単にアクションの調整が出来ますので、バンブーロッドはオーダーで自分に合ったアクションで作るのが本来の姿であるし、優れた点だと思います。 
 そういう意味もあって、工房には完成ロッドのモデルはありません。あるのはアクションチェック用のサンプルロッドとテストで使用した試作ロッドだけです。もし完成品のロッドを作るとしたらこの「SS742L #2」になると思います。バンブーロッドの中には、誰が振っても振りやすくシックリくるアクションのロッドがあります。このSS742Lは工房の中で最も販売実績のあるモデルで、誰が振っても綺麗にループが出来るアクションになっています。#2なので特殊なロッドの印象がありますが、#3ラインを乗せても15ヤード以内であれば違和感なく使用できます。(パラボリック系のテーパーなので融通が利きます。)
 最近は真竹ロッドの使用が増えたため実釣での出番が減りましたが、たまに振ると確かに振りやすい癖のないアクションを再認識させられます。
スポンサーサイト

チタンフェルール MP643L-Ⅱ-Ti

       チタンフェルールの可能性
チタンフェルールの可能性

 チタンフェルールの重量はバンブーフェルールとほぼ同等で、ニッケルシルバーの半分です。強度の面では格段に優れていると思います。まだ実釣でガンガン使用していないので不明な点もありますが、来シーズンには不具合等も含めて判明すると思います。画像のロッドは私が常用している真竹のMP643Lの4Pバージョンでです。チタンフェルールを採用したことにより、アクションも重量も2Pと区別がつきません。
 4Pでも2Pと変わらなくなると、金属フェルールの使い勝手の良さと相まって活躍する場面が増えると思っています。更に4Pの良い点として、素材をセクションことに変えることによって、微妙なアクション調整が出来る点があげられます。画像のロッドは一番手もとのバット部分はトンキンで他は真竹になっています。素材はトンキン、真竹、孟宗竹の3種が使用できますので、テーパーデザインでは調整できないアクションのロッドも製作が可能になると思います。
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR