いざとなったら4P

                    普段は2Pロッド 
いざという時は4P

 ロッドは道具である以上その使用場所に適した形があるのですが、入渓する規模に応じてその都度ロッドを変えるのは大変です。そもそもバンブーロッドをそれだけ揃えるのはコスト的にも一苦労です。今シーズンは真竹のMP643というショートロッドでほとんどの釣行をカバーしました。しかしながら、どうしてもホームグランドとしている渓流で退渓時に沢登りを余儀なくされるところがあり、両手を自由に使うために画像のMP643-Ⅱの4ピースロッドが誕生しました。普段は2Pとして使用するためセンターのフェルールは金属です。アクションは2Pと比べると若干スローになりましたが本来MPテーパーはファストですので、キャスティングがしづらくなったという印象はありません。両手を自由に使って3点支持を確保しつつ岩場を登るのは、快適そのものです。4ピースにたたんだ時は、ベストの背中に入れても少しはみ出る程度なので邪魔になりませんでした。
スポンサーサイト
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR