Feather(軽量化)ロッド

  ニンフにもドライにに対応できるFeatherロッド
Feather ロッド2本

 ニンフを使用する場合、どうしてもロングロッドの方が使い勝手は良くなります。ライントラブルを回避しやすいし、アウトリガー的使い方もできる点でショートロッドに対してアドバンテージがあります。反面、バンブーでロングロッドを作るとなると、重量の問題を避けては通れません。画像のロッドは8’6”と8’4”の#4ロッドで重さは103gです。軽量化ブランクとバンブーフェルールを採用して軽量化してあり、既存のバンブーロッドからは想像できない軽さになっています。アクションはプログレッシブなので、ドライで使用しても軽快な釣り上がりができます。
 このロッドは2本同時進行で製作し、8日間で完成しました。バンブーロッドの価格はほとんどが工賃のような物なので、ユーザーさんに低価格で提供するには、できるだけ早く製作する必要があると考えています。1本1ヶ月ではウン十万の値段をつけることになると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR