バンブーロッド雑感

軽量ロッドのテスト
軽量ロッド
 軽量化して製作したポールヤングテーパーのPY783L#3のテストが荒雄川C&R区間で実施できました。ブランクの肉厚を相当薄くしたので強度テストが実釣で必要でしたが、津軽地方には適当な管理釣り場がなく、クラブの仲間との遠征釣行が、丁度良い機会になりました。ここはアベレージが40cmの虹鱒で、放流して間もないグッドプロポーションの虹鱒が釣れました。水量が少なく魚が動いていないという情報でしたが、最近放流したらしく、一部のポイントに溜まっていました。早朝はドライで出ましたが、その後は沈めてニンフの釣りになりました。フライパターンが一定ではなく、個体差があるようでした。ヒット後の虹鱒のスピード感のある走りは相当なもので、ディスクドラッグのリールを選定すべきでしたが、写真撮影用にクラシックタイプをつけたので、何本かはラインブレイクでとり損ないました。ロッドとバンブーフェルールの強度は何の問題もなく、もっと薄くできるような感じを持ちました。
スポンサーサイト

バンブーロッド雑感

軽いバンブーロッド
ポールヤングテーパー
 バンブーフェルールを採用したポールヤングアクションモデルのPY783Lです。Perfectionistというモデルのテーパーを#3にモデファイし、7’8”にしたものです。バンブーフェルールの利点を考えた場合、軽量ということが一番にあげられますので、できるだけ軽量に作りました。#3の7’8”で79gです。ガイド類を細ワイヤーにすれば、さらに1,2gは軽くできると思います。しかしながら、軽量イコール軽快といかないのがバンブーロッドの面白いところで、ポールヤングのテーパーはペゾンに近く持ち重り感は避けられません。プログレッシブテーパーにすれば軽快になります。事実、MF724#4という100g超のロッドのほうがはるかに軽く感じます。このPY783Lは軽量化技術の確認のために試作しました。その意味では前回のペゾンテーパーPZ723CLに続いて、私用ロッドの棚にまた1本増えることになり、データ収集に活躍することになりそうです。
 私用ロッドの棚もそろそろ満杯に近づいてきましたので、データ収集がおわったら、棚の整理をするため、バーゲンセールでも開催したいと考えています。
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR