バンブーロッド雑感

ロッドアクションについて
ヤマメ
 今回はロッドアクションいわゆる竿の調子といわれるなんとも理解しにくいことについてです。アクションを表す時にファストだスローだ、いやパラボリックだと色々いいますが、全員が同じものをイメージしているとはとても思えません。言葉では表せないので、ロッドのカーブを図にしたり、いろいろと努力はするのですが、最後は実際にロッドにラインを通して振ってみるしかないというのがshirakamiロッドの結論です。
 ロッドアクションの好みは人によって千差万別で、高価なロッドが自分の好みに合うとは限りません。オーダーでロッドを作ってもらったけれど、アクションがあわなかった、気にいらなかったという話はよく耳にします。フライマンのスティタスとして、高価な飾っておくだけのバンブーロッドを手に入れたいというのなら別ですが、実釣で心地よく釣りをしたいなら、自分に合ったアクションを見つけることがとても大事になります。shirakamiロッドでは色々なアクションのサンプルロッドを用意していますので、自分に合ったアクションを見つけることができると思います。アクションの変更(バットを少し強く,etc)はどうにでもできますので、まずは実際にラインを通して振ってみてください。
スポンサーサイト

バンブーロッド雑感

バンブーフェルールについて
バンブーフェルール
 個人的にフェルールはニッケルシルバーのスーパースイスタイプが機能的に一番優れていると思っているので、最近流行のバンブーフェルールは作っていませんでした。性能的にどうなのか疑問ではありますが、ユーザーの希望もありましたので、試作をしてみました。新しいものを取り入れるには、データの蓄積が必要になりますので市販するにはまだ時間が必要になります。強度の確認は試作の段階で破壊まで加重をかけてチェックし、肉厚とか、寸法とかを修正し、画像の形でとりあえず試作第1号になりました。残りは実釣で耐久性、フィーリング等を確認し、改良を加えて完成ということになります。
 ロッドの見栄えという点では、金属のジョイントがあるなしでは印象が違います。一見ワンピースのロッドようにみえます。アクションに影響の出ないポイントにフェルールが来るように、ワン&ハーフで作ったので、アクションのチェックには不適だったかもしれません。こうした試作ロッドが、自分用になりますので私用ロッドがまた1本増えました。実釣テストは工房の近くに良い管理釣り場がないので、シーズンの残りで終わらせたいと思っています。来シーズンまでに、商品ラインナップに加えられたらいいなぁと思っています。

バンブーロッド雑感

バンブーロッドは何日でできる?
ロッドドライヤー
 画像はスレッドコーティングをして乾燥中のロッド2本ですが、この工程が室温に左右されるため夏場と冬場ではロッドの製作時間に差が出てきます。今年は気温が高く、この工程が2日で済みますので、ロッド2本が7日~8日で完成します。1本あたり4日ということになります。ビルダー一人での作業としては相当早いほうだと思います。製作コストを抑えるには製作時間の短縮が重要ですから、作業工程の効率化を常に意識しています。なお1日の作業時間は7時~17時で昼休みと10時、15時の休憩ありで、残業をしているわけではありません。
 工芸品的なロッドを時間をかけて作って高価格で販売するほうが楽でいいのですが、できるだけ多くの人にバンブーロッドの楽しさを味わってもらいたいとの思いで、コストダウンに挑戦している次第です。「安かろう悪かろう」では本末転倒ですから、品質に関しては、ロッドを手にした人が得をしたと感じてもらえるものを心掛けています。
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR