FC2ブログ

サクラマス

ヒメマスの外道
サクラマス
  今シーズンのヒメマスは不漁でオカッパリで釣るには厳しい状況でした。その反面、釣り人のプレッシャーが少なかったせいかサクラマスの接岸が数多く見られ多くのデータが得られました。サクラマスはヒメマスに比べ警戒心が強く、水面を叩きすぎるといなくなってしまいます。静かにまっているとまた寄って来るので、それまでは我慢です。ティペットは細いほうが有利です。止水のせいかティペットを避けて泳ぐ個体が多いので明らかにティペットを認識しています。5X以下が理想ですが、60cmクラスを取るとなるとロッドワークとリールのドラッグ調整が重要になります。6Xでも1本取りましたが、2本目をかけたときにブレークしましたので、まめに取り替える必要がありそうです。
  フライパターンはまだ不明です。色々試していますが、これといったパターンはまだわかりません。川と違ってオスのサクラマスが多いので写真に撮るとなかなかの迫力です。ヒメマスと同じように年によって好不漁があるでしょうから来年も良いとは限りませんが、今年は当たり年でした。
スポンサーサイト

荒雄C&Rエリア レインボートラウト

      ヒレピンニジマス
荒雄C&Rエリアレインボー

  今シーズンも荒雄C&Rエリアのレインボーはヒレピンでとても元気がいいです。最近の放流ものは50cmオーバーは少ないですが、どれもヒレピンでパワフルです。30cm~40cmが多く50cmオーバーは以前の放流もので少し引き締まった体型をしていました。
  今回は荒雄マスターのF氏と1年ぶりの釣行となりましたが、同氏考案のFシステムで1日半の釣果は50匹と漸くFシステムの使いこなしに慣れた感じです。
  荒雄のC&Rエリアは区間が延長されたせいか、魚の密度が薄くなった感じで以前のような魚群は見られなくなりました。以前ポイントだった場所も砂で埋まったところが多く、魚が着く底石が隠れてしまいました。このため、一箇所のポイントでの大釣りは難しく、足で稼がないと数は取れないかもしれません。

抱卵ヤマメ

       ラストチャンス
抱卵ヤマメ

  シーズンも終盤で上流域のヤマメは婚姻色が出てペアリングしている固体も多くなりました。大型のヤマメをキャッチするラストチャンスの時期でもあります。画像のヤマメは幸いにもキャッチできた31cmのメスで、おなかが卵でパンパンになっていました。顔が幼いので、まだまだ成長しそうな固体でした。

孟宗竹の活用

       孟宗竹の特徴
孟宗竹

  画像の上が孟宗竹の半割り、下が60Φ真竹です。この圧倒的な太さが孟宗竹の特徴の一つで、太さに比例して繊維質も厚くなります。繊維質が厚いので、ロッドにした場合、繊維の密度が詰まった分、真竹に比して重くなる傾向にあります。繊維が詰まっているので反発が強くなるかというと、意に反してゆっくりとした反発で面白い動きをします。トンキン、真竹と比較して一番の違いは柔軟性にあるような気がします。同じテーパーでロッド製作した場合にトンキンでは折れるような角度まで平気で曲がってしまいます。良く言えば柔軟、悪く言えば腰がない感じですが、この特徴を踏まえて、上手く使えば今までにないロッドが作れそうな気がします。
  例えば、トップは真竹、バットは孟宗竹とか、3Pにして、トップ、ミッド、バット、をそれぞれトンキン、真竹、孟宗竹と変えるとかが考えられます。どこのセクションに何の竹を使用するかは用途、好み等により変わると思いますが、普通の3Pロッドよりは面白い物が出来そうな気がします。
  

ダークブランクロッド

        ダークブランク
ダークブランクロッド

  ロッドの機能性に全く関係しないのですが、+オプションにダークブランク仕様のロッドがあります。強い火入れでも色を濃く出来るのですが、この場合は反発も強くなりますが、反面もろく(折れ易い)もなります。従って、現在はウレタンによる塗装で濃い色をつけています。画像では分かり辛いですが、かなり渋い雰囲気のロッドで派手な物が嫌いな人にはピッタリだと思います。
  フェルール等の金具類はブロンズ色にしてありますので、フェルールだけが浮いた感じもなくなっています。ロッドの性能には変わりはありませんので、あくまでも見た目にこだわる人向けです。
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR