ペゾン復刻版

         ペゾン ブレトン 7’6” #5
ブレトンビリエール

  ペゾンロッドの人気モデル「ブレトンビリエール」を復刻してみました。#5ですので私が実釣で使用することはないと思いますが、オフ会等の集まりでワイワイ振るには丁度良いと思います。
  オリジナルとの違いは、ワン&ハーフではなく均等な2ピース。これは持ち運びとロッドの機能性を考慮した結果です。テーパーデザインはそのままですが、スムーズなストレスカーブになるように微修正を加えています。大きな違いは中空ブランクとジュラルミンフェルールを使用した軽量化です。非力な女性でもロッドコントロールがし易いようになっています。
  試し振りをしてみましたが、#5ラインが恐ろしいスピードでぶっ飛んでいきますので、ロッドパワーは相当な物です。ホームグランドの白神山地水系では使用するような場所もターゲットも存在しないようです。
スポンサーサイト

お気に入りロッド

    お気に入りロッド MP642-Ⅱ
お気に入りロッド

  今までのロッド製作本数400本、テーパーの種類数十種と様々なロッドを製作し振ってきましたが、現時点でホームグランドの白神山系の流れを釣るのに一番適していると思うロッドは「MP642-Ⅱ 真竹」です。昨シーズンから使用して、ほとんどこれ1本になっています。#2ロッドですが#3ラインを乗せて35cmヤマメ、イワナを問題なくランディングできました。このロッドを使用すると、他の#3ロッドが鉄の棒を振っているようで、楽しくないのです。ヒット後のロッドのしなりは相当な物で楽しさ倍増です。昨シーズンから使用していますので、2000匹以上実釣でテストしていることになります。
  現在、細部の微修正を計画中で、バットを少し柔らかくして、近距離を使いやすくしようと思っています。現状でも、フラットバットリーダーの15フィートだけでもキャストできるので問題はないのですが、PY642のバットの曲がりが近距離で使い易いので、それに少しだけ近づけようと思っています。

マルチピースロッドの特性

            5ピース&6ピース
マルチピースロッド

  バンブーロッドに小継を必要としている人は少数だと思いますが、源流釣行とか出張とかで必要としている人がいることも確かです。4Pはこれまでの実績でアクション等に問題はなくむしろ優れていることが確認できていますが、6Pはバンブーフェルールでの製作経験からアクションがモッタリとして実用的ではないと思っていました。今回時間が出来たので本格的にマルチピース(5P以上)のロッドを製作して、その特性を確認しました。
  結論としてジュラルミンフェルールのマルチピーチロッドは、アクションがモッタリになるのではなく、逆に張りが出て強くなるということです。フェルールが補強材の役目をしているようで5Pよりも6Pの方が強くなります。これはジュラルミンの軽量という特徴によるものだと思います。張りが出過ぎることの補正は簡単でテーパーの設計時にライン負荷を少なくするだけなので、細いけれど強いロッドができることになります。
  この強くなることの応用として、モッタリ感の出易い8フィート以上のロングロッドはマルチピーチにすればシャキッとしたアクションに変えることも可能になると思います。

ライトラインロッド #2

         PZ782L #2 4P
ライトラインロッド

  ロッドのアクションは本人がよく使用するフィールド(釣り場)の状況に大きく影響されると思いますが、ロッドの番手を落として柔らかいロッドを使用すると同じフィールド、ターゲットでもまた違った楽しさが生まれます。昨シーズンはMP642 #2をメインで使用しましたが、MP643 #3と比較しても不便さは感じないし、面白さは倍増でライトラインロッドの可能性を感じました。
 工房の初期からのモデルに「SS742L #2」という人気のモデルがあるのですが、それよりも柔らかいPZ782Lを試作しました。SSテーパーとPZテーパーの違いが有るので感じは違いますが、ライトラインの楽しさは同じです。材質はトンキンなので真竹よりも強さはあります。
 谷地田ニンフシステムを使用した釣りには柔らかいユッタリとしたアクションのロッドが最適で#3よりも#2のほうがトラブルが少なく使いやすいです。画像のロッドで岩手の解禁時に32cmヤマメをキャッチできました。
  

手作りリール

    アリハート 「ガラティン」コピーリール
手作りリール

  以前に製作したリールのパーツの残骸を寄せ集めてリールを1個作りました。アリハートのガラティンのコピーですが、今回はチタンパーツを多数使用しましたので、重量が134gに収まりました。オリジナルは150g弱ありますので、高番手ロングロッド以外は重すぎてバランスが悪かったのですが、今回はLS903Lの9フィート#3のニンフ用ロッドで使用しました。このリールの欠点はワイヤーのラインガードでどうしてもラインがスプールからはみ出してしまうことです。対策として下巻きのバッキング量を加減してスプールに余裕を持たせれば何とか使用できることが確認できました。機能的には市販のリールの方がはるかに使い勝手が良いのですが、他人との差別化にはいいのかなと思っています。
プロフィール

shirakami1955

Author:shirakami1955
工房日記へようこそ!
大空を飛び回る仕事(本当のフライマン?)を定年退職し、もの作りの楽しさが溢れるフライフィッシングにはまったフライマンです。バンブーロッドの不思議な魅力をより多くの人に知ってもらうべく奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR